自分の頭で考え、冷静に伝えることが大事!

あい太田クリニックでは、毎朝8:30から職種別ミーティングを、
そして8:40からは全体ミーティングを行っています。
各部署からの情報を共有した後に、野末院長や中村副院長からのお話がありますカラオケ
その中身は、
日々の診察についての話はもちろん、時事関連の話をされる時もあります。
最近では、やはり新型コロナウイルスに関する話題が多いです。
昨日 野末院長からあった話を紹介しますねウインク

********************************
非常時多宣言が解除されるにあたって、皆さんにはお伝えしたいことがいくつかあります。

まず、非常事態宣言下にあるということは、ある意味政府が国民に「思考停止」を強制し、いろいろ考えなくていいからとにかくStay home だということを言ってきたのです。

これはこれで、今までは仕方なかったと思いますが、解除される本日からは、思考停止から素早く脱却していきましょう。

思考停止して、Stay home しているときは、エネルギー発揮レベルも最低でよかったですが、これからはこの間に蓄えたエネルギーを全開で、自主的に前頭葉をフル回転させながら行動していきましょう。

ところで、日本の非常事態宣言発言は法的強制力がなく、国民の自主性に任せて、Stay home を指示しています。
いわゆる自粛ということです。

国民に強制的に非常事態宣言を守らせるような法律は、政府が権力を握りすぎて危険だということで、自粛要請しかできないようになっています。

法律制定時にはそのような理想で作られたのですが、現状を見るといくつかの問題が出てきているように思います。

まず、自粛というのは、自分で考えるということを前提に使われる言葉ですが、実際は先ほど述べたように「思考停止」を求めていて、異様に思います。

また自粛というのは、本来は自分自身で考えて実行するものなのに、自粛警察なるものが出現し、相互監視のような仕組みが動き出してしまっています。

法律で強制するときには、むしろ歯止めがかかるのですが、このような自粛警察などでは、感情の抑制が効かず、際限ない誹謗中傷が繰り広げられてしまいます。
SNSが広まった現代では、その傾向がますます強くなっています。

この傾向が、昨日報道されたテラスハウスでの誹謗中傷にもつながっています。
匿名での無責任な誹謗中傷。
現在の自粛を前提とした非常事態宣言にはこのような危険があるのです。

では、どうしたらよいのか。
まず、スタッフ皆が色々な情報を集め、自分の頭で考えることが大事です。
そして、おかしいと思う誹謗中傷を目にしたら、黙っているのではなく、冷静に自分の意見を述べることです。
誹謗中傷だけがバズるような現状を黙認してはいけません。

********************************

というお話でした。

偏った考え方はとても危険だし、自分自身で冷静に考えることがとても重要だと再認識した
今ちゃんなのでありました流れ星

by今日はマジメな今ちゃん